どこにでもある初心者用の外為の本では「損が生まれた状況ではナンピン買いすることでポジションの平均を買い付けコストを抑える」と述べられているが正直ナンピン買いにはかなり大きな危険があると考えます。lava 渋谷クロスタワー 体験レッスン

まず最初に、ナンピン買いの原理に関して易しく説明します。コンブチャクレンズ 子供 飲める

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。マリアンナ化粧品

$買いなのでドル高に動くほど儲けが大きくなるわけですが、逆に1ドル=95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。湯上りカラダ美人

その場合保持し続けたとしたら、マイナスをなくすためには円高になった分円安に向わなければなりません。浮気調査の分割払い

誰もがみんな、マイナスは出来るだけ早く回復したいと願います。

ここではじめに売買したのと同じ分の$(ドル)を、1ドル=95円で買い増します。

それによって、平均のコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。

言い換えると、2円50銭の幅で円安が進めば損失を回復する事ができます。

それが、ナンピンの理論です。

このとおり、ナンピンの原理を聞くと、「その通り」と思ったりするが為替相場は簡単には思った通りにはなりません。

初めから、95円が底だということなど誰一人として想像できません。

たとえば、為替がかなり強い円高動向だとすると、1ドル=95円ではとまらずより一層円高ドル安が進むリスクは高いです。

仮に、97円50銭でナンピンをして、95円までドル安になっとしたならば、ナンピンした分についても、差損が生じます。

その状況では、一番初めに注文したドルとトータルで更なるマイナスが生じます。

このように、ナンピン買いは難解です。

であるなら、外国為替市場が自分自身のストーリー展開とは逆向きにさっさと進んだ場合どういう方法でリスクを避ければいいのでしょうか。

この場面では取れる方法は限られています。

まずはじめはあきらめて損を確定する事です。

もうひとつは、その段階で、自分か持っている買いポジションを少なくする事によって、もう一度市場が元のようになるのを何もしないで待ち望む事だけです。

相当主体性のない対策だとみる人もいると思います。

けれども、自分が所有しているポジションに為替差損が出た場合、一番有効な方法はそれ以外にはありえません。

勿論、机上では、ナンピン買いをするという術もあるように思える。

だがしかしナンピンは自分自身が損をしている場面で買いポジションを減少させるどころか逆に買いポジションを積み重ねていく方法です。

これでは、危険性を回避することなど、到底無謀だと思うべきです。

ナンピンをし続ければやがては勝てるかもしれない。

けれども、それ以前にお金は足りなくなってしまいます。