キャッシングの利率がどこも似たり寄ったりなのは知っている事と思いますが、実は、利息制限法と呼ぶ法律により上限の金利が設けられているからです。はっぴぃタイム

貸金業者などは利息制限法の規定の上限範囲内で個々に決めているので、似た中でも差が出るローンサービスを展開しています。キッズアイランド

ではその利息制限法とはどのようなものなのか見ていきたいと思います。ラ・ファミーユ

最初に上限利息ですが、10万円未満の融資には20%、10万円以上100万円未満は年間18%、100万円以上は年率15%までと設けられていて、その枠を上回る利子分は無効です。Jelly Nail

無効とは払わなくて良いってことです。松尾ジンギスカン

にも関わらず一昔前は25%以上の利子で手続きする消費者金融会社がほとんどでした。リップルキッズパーク

その理由は利息制限法に違反しても罰則規制が存在しなかったためです。ミリオンキングダム

また出資法による上限利息の年間29.2%の金利が認められていて、その規則を盾に転ずることは無かったです。Remery(リメリー)

実を言うと、利息制限法と出資法の間の利率の差の枠が「グレーゾーン」と呼ばれています。ポイントランド

出資法には罰則が存在します。資格スクール 大栄

この出資法の上限利息枠は超過しないようにきたが、この出資法を利用する為には「お金の借入れ者が自己判断で支払いを行った」という条件にあります。

最近、盛んに行われている過払い請求はそのグレーゾーンの利子分を過払いとしてキャッシュバックを求める請求です。

法でも出資法の前提が通ることはたいていなく、申し出が通る事が多いようです。

現在では出資法の上限枠の利息も利息制限法とまとめられ、それにより消費者金融会社がの利率も同じようになっているのです。

万一この事を知らないまま、最大の利息を上回る契約をしてしまったとしても、それらの契約そのものがないものとなるので、上限利息以上の利息を返済する必要はないのです。

それでも繰り返しキャッシュバックを求めるようなら司法書士か弁護士に相談してみてはどうでしょう。

そうすることで請求されることがなくります。



  • コトハコーヒー
  • ソワン
  • ブリアール
  • ジェイウェルドットコム
  • ミレイズ
  • きらりのつくりかた Bizoux(ビズー) ソルースジェル