ありふれた初心者用の外為の本では、「損が生まれた時にはナンピン買いをすることによって全体の買い付けコストを抑える事ができる」とアドバイスしている事もありますが、実際にはそれはかなり大きな落とし穴がある。不動産売却.コム

まず最初に、ナンピンのやり方に関して手短に述べておきます。エルセーヌ 極上エクセレントデイコース

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。 カッピング

$(ドル)買いですので円安になるほど黒字を得られますが、運悪く1ドル95円までドル安方向に触れたとします。トゥースメディカルホワイト口コミ

その状況で所有し続けたら、損失が戻るためには、マイナス分、円安が進まなければならない。レイク 契約内容

皆さん、損は可能な限り早く0にしたいと考えるでしょう。恋活アプリ タップル誕生

ここで最初に注文したのと同じ分の$を取引します。即日 キャッシング 融資

これで、全体の価格は1ドル=97.50円まで低くすることができる。ヴィトックス

半分の幅でドル高が進めば、損を回復できる。家庭用太陽光発電 屋根

この流れがナンピンのやり方です。メールレディ・クレアの口コミ・評判・体験談

ナンピン買いの理屈をみると、「なるほど」という考えになるが、為替は簡単には問屋を卸しません。

元々、1ドル95円以下にならないとは誰にも分かるわけがありません。

仮に、マーケットがドル安トレンドだとすると1ドル=95円では下げ止まることなくより一層円高が加速する危険性はあります。

仮に、97円50銭でナンピンをして、1ドル=95円まで円高が進んだら、ナンピン買いをした分についても、差損が生まれることになってしまいます。

これでは、最初に買ったドルと一緒により大きな差損を被ります。

この通り、ナンピン買いは難しいです。

それでは、外国為替市場が筋書きとは逆の方向にどんどん向ってしまった場合どういった術でリスクを避ければいいのでしょうか。

こういう場合には選択できる方法は限られています。

ひとつめは覚悟を決めて損失を確定する事です。

もうひとつの方法としては、その時に、所有しているポジションを小さくする事によってもう一回為替が戻るのを大人しく待機する事だけです。

ちょっと大人しい方法だとみる方もいるでしょう。

だがしかし、自分の買いポジションに為替差損が生じた場合、一番危険の少ない術はこれ以外には考えられない。

無論、理論上は、ナンピン買いするという対策も有効です。

しかしナンピン買いは、マイナスになっているのに買いポジションを整理するどころか反対にポジションを買い増していく対策です。

この考え方では、危険性を削減することなど無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続ける事ができればやがては勝てるかもしれない。

でも、それより前に資金はマイナスになってしまいます。