外国為替証拠金取引(FX)の魅力は、単独の金融商品あるにもかかわらず、資金投下の期間を「短期」「中期」「長期」の3つの中からどの種類を選択するかということで、投入の方策がまるっきり違うことにあります。第一には外貨投資の「長期」に関して詳しく見てみよう。長期の投資というのは、一年以上の長期出資を想定しているのが通常です。一般的に為替の相場で一年以上も経過した後のレートが円高か、ないし円安かを推測するということは普通は無理でしょう。実際のところ、「それほど先の未来のことは未知数です」となるのが当然だと思います。わからないものを懸命に予想しようと思ってもそんなことは無駄なことなのです。そういったことから外国の貨幣を買い、買ったタイミングの買いレートよりも円高になってしまっても少し経てば返ってくるだろうくらいの思いで取引に取り組むことが大事です。差益を熱心に上げることに限らず、他からの儲け、それはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で稼ぐというのを、初めの目標にしてやってみましょう。当然ですが、為替変動の影響でマイナスがひどく膨らむことがあります。そういったことから、このようなマイナスでも大丈夫なようレバレッジをなるべく少なめで抑える心がけはポイントです。外国為替証拠金取引(FX)は、損がある範囲以上増えてしまうと追加保証金(追い証)が出て来たりまたはストップロスになってしまったりします。損切りがかかったら、即座にやり取りを清算しなければならず、長期トレードはダメになります。こういったリスクを回避するには、レバレッジ2?3倍程度でトレードするのが良いと思います。次に中期スタンスの場合の取引です。中期のケースは、最大で2ヶ月ばかり経った頃を予測しての売り買いになります。為替の取引の際、約1ヶ月ほど先のことは、ほとんどの場合推測可能と思われます。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような世界的な会議とか為替取引で取引している人たちが何を問題に注視しているかを考えてみればある程度、推測できるでしょう。こういったファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見る一方で、グラフを参考にすることでレートの状況を把握する事ができ買いポジションか売りポジションかを判断するのがいいと思います。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックの両面で良い状態であり、もしくは買い傾向が一致していればまず判断した通りに動いていくと思って良いです。その場合持ち高を増やしておけば大きい利益を期待できるのはほぼ確実です。3つ目に短期トレードの狙いどころです。ここでいう短期のトレードが指しているのは、言わばデイトレーディングのことを意味しています。為替相場でデイトレードを行う際経済の状況は絡んでいないと断言できます。なぜなら次の日の為替レートの変動に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関連がないからです。この時ミソは注目される出来事があるとそのためにレートが変化する一瞬を狙って行動することです。たとえば、米国で雇用の統計が提示されるはたまた金融政策決定会合などによって金利が変動するほどのこと。このように大事な機会に変わり目をものにするとのわけで、短期スタンスでは専門的な知識が必須になる。