外国為替市場としての外国為替証拠金取引について考えてみましょう。FX(外国為替証拠金取引)とは二つの異なる国のお金を交換し両者の差し引きした利益を受け取れるといったような方策です。このように両国の金の中で発生する差をスワップ金利といいます。このようなスワップ金利は、正式名はスワップポイントと呼ぶとのことです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)とは、日ごとにでも受け取る事が出来ますが、その時の為替の相場の動きによりわからないとのことです。こうした外国為替証拠金取引のスワップ金利の取得がねらいでFXの為替トレードをしているみなさんもいるようです。スワップポイントは、FX業者ごとにも違うのでほんのわずかでも利益が多い取引業者でトレードしたいものです。ただしスワップ金利は為替の相場が動くと一緒に動いてしまうので気をつけましょう。加えて、為替の取引をやるにあたりグラフを読み取る事が必須になります。この図を読める事で、為替のトレードの変動を読む事が出来るとのことです。外国為替取引初心者の人が見たら、何のチャートですか?のようにわからないと感じてしまうでしょうけど要点を抑えていることにより図表の読み取りが出来るようになるそうです。どこから円が上昇するだろうもしくは下がるとか今まさに最も円安になるとこのグラフで判別する事が出来為替トレードをする時はためになるネタとなります。図表は日本の中ではローソク足が使われ名前通りローソクの形に似たグラフで書かれています。ローソク足(陰陽足)を使って高値・安値、なおかつ終値か始値を表示されていて図表の上で様々な形となるのです。