クルマの損害保険には任意保険および自賠責保険の2つのタイプが存在します。任意保険も自賠責保険も、事故など遭った場合の補償に関するものですが条件は少し違います。二つの保険を見比べると補償が可能な事象が差別化されているのです。※相手については自賠責保険あるいは任意保険で補償されようになっています。※自分については、「任意保険」によってのみ補償されるようになっています。※自分の所有する財産においては『任意保険』で補償されるようになっています。自賠責保険だけでは、自分自身のケガないしは車両に向けたサポートは受けられません。相手方に向けての賠償などですが自賠責保険であれば亡くなったケースでは最高額3,000万円、後遺障害時最大で4000万円などといったようになります。しかし実際の賠償額が前に挙げた金額を超えてしまうことは珍しくありません。またさらに相手の所有する自動車もしくは家屋を破損してしまった場合には事故を起こした者による賠償になるのです。ですから任意保険というものが重要だという話になるのです。危害を受けた人に対する援助に重きを置く任意保険にはそれとは一線を画す補償が用意されています。※事故の相手方へは死亡時ないしは傷に加えてマイカーまたは家屋などの対象物を賠償してくれるのです。※自分自身に対しては同伴していた人も込みで死亡時ないしは傷害を補償してくれるのです。※自分自身の財産に対しては、愛車を補償するのです。様々な面に関して賠償が行き届いているのが任意保険が持つストロングポイントです。月々の掛金の支出は必須となってしまうこととは引き換えに、事故の相手方のためにも自分自身のためにも乗用車に憂いなく乗っていきたいのであればぜひ任意保険というものに契約を結んでおきたいです。