特定調停という方法も任意整理による方法とほぼ同じく、各債権を持つものに対し債務の返済を続けることを選択した借金を整理する手だてのことです。わかりやすくいうと裁判所が関与する借金整理といえるでしょう。この方法も任意整理による手続きとほぼ同じく、自己破産と違い一部の負債だけを整理することができるため、保証人がいる借入金を除いて処理する時やマンションのローンを除き処理する場合等においてでも使用することができますし、財産を放棄してしまうことは要求されていないため、有価証券個人資産を持っているものの、放棄したくない場合でも有効な債務整理の手順となっています。ただ、今後の返済に必要となる額と実際に可能な手取り額をかんがみて常識的に見て返済の目処が立つようならこの手続きを進めるほうが良いですが破産宣告と違って負債そのものがなくなるという意味ではありませんので借入金の総量が多い場合には残念ながらこの方法で方法を取るのは困難だということになります。それから、この方法だと公の機関が介在しますので弁護士等に関わってもらわなくても不利な立場に立たされるようなことはないということとか手続きにおいてのコストを削減できるというポイントは魅力的ですが督促に対して自分で応対していく必要がある点に加え管轄の裁判所に数回おもむく手間を要するというような留意点もあります。さらには、任意整理との比較点ですが最終段階でも和解に達しないような時は金利を全部付けた状態で支払っていくことになることや最終的に貸方に返済する額が任意整理の場合と比較して増えてしまうことが多いという注意が必要な点もあります。